フラット35は
安心な家の
証(あかし)

フラット35の申請が通る家ってどんな家?

 この世の中、家を立てて住宅ローンを組むならやはりフラット35は外せないでしょう。フラット35の申請が通る物件というのは省エネルギー性、耐震性、耐火性に優れているし、何せ家の構造もしっかりしている、ということだから安心してその家で暮らしていけます。そういうわけですから、大好評のフラット35なのです。

 それに最長35年間のローン期間を設ける事が出来るというのも魅力ですよね。中には、フラット50というのがありますが、さすがに50年間のローンはきついなといった場合には、35年位のローンがちょうどいいのではないでしょうか。とは言っても35年という月日は決して、短い期間ではありません。仮に30歳でフラット35のローンを組んだとしても65歳ですから定年しています。出来れば定年退職前に住宅ローンを終わらせたい、というのが本望ですよね。そうなるとやはり35年という月日がちょうどいいのです。

 それに、繰り上げ返済していけば、35年以内で返済出来ますから、それを極力短縮させていけばいいのです。銀行によっては繰り上げ返済手数料が無料というところもありますから、フラット35で住宅ローンを組んで繰り上げ返済を検討しているのであれば、手数料はかからない銀行が一番ですよね。