フラット35の
デメリットは
35年固定金利

デメリットもあるけれど低金利なフラット35は選択肢から外せない

 耐震性、耐火性そして、省エネルギー性の基準を満たしている物件が申請出来るフラット35は、今や住宅ローンを組もうと考えている人にとって、知らない人はいないほど知名度があります。フラット35は基準が満たされている住宅が組める住宅ローンだけではなく、金利も優遇されているから住宅購入をした人のための救世主とも言えるでしょう。

 しかし、このフラット35はメリットも非常に多いのですが、デメリットもあります。フラット35のメリットとデメリットについてですが、まずメリットとしては、最長で35年の返済期間があります。また低金利であり、保証人や担保を必要としません。また、繰り上げ返済手数料が無料など、うれしいメリットが沢山です。

 では、デメリットですが、35年固定金利ですから、35年間変わらない金利設定になります。途中で、金利の低い商品が登場したとしても35年間金利が変わりませんので、借り換えをしない限りずっと同じ金利での返済となるのです。そして融資実行時に金利が決まりますから、融資を受けるまで金利がどれくらいなのかわからない、という点です。その為、色々な金利設定でシュミレーションしていくしか返済計画を立てるすべはありません。

 とは言っても、低金利であることには変わりませんから、フラット35は実用的なローンとして外すことが出来ない存在です。

フラット35繰り上げ返済のリンク集

住宅ローン繰上返済シュミレーション!【手数料とメリットは?】
住宅ローン繰り上げ返済することでどのようなメリットがあるのでしょうか?住宅ローン繰り上げ返済のシミュレーションをもとに計算しお得な銀行や手順などをしっかりと調べご紹介していきます。
www.jutakuloan-kuriagehensai.com/